コンクリートに生える苔の落とし方

住宅のコンクリート部分に生える嫌な苔。

苔はカビのように人体に影響を及ぼすような悪質なものではありませんが、一ヶ所に生えるとすぐに広がってしまうため、住宅の見栄えが悪くなってしまいますし、実際の築年数よりも住宅を古臭く見せてしまう厄介なものです。

実際、住宅のコンクリート部分に苔が生えてしまい、頭を悩ませてしまっている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、住宅のコンクリート部分に苔が生えてしまった場合の対処法について詳しく解説していきたいと思います。

コンクリートに生える苔の種類や苔が生えてしまう理由などについて解説していきながら、苔の落とし方や苔が生えるのを防ぐ方法について解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

コンクリートに生えた苔を落とす方法とは

 

コンクリートに生える苔の種類

よほど苔に詳しい方でない限り知らないと思いますが、コンクリートに生える苔には大きく分けて2種類の苔があります。

それが、「ギンゴケ」と「スナゴケ」です。

「ギンゴケ」は、私たちが最もよく目にするタイプの苔でさまざまなところに発生しますが、住宅ではコンクリート部分に発生しやすくなっています。

「スナゴケ」は、ギンゴケほどメジャーではありませんが、こちらも住宅のコンクリート部分によく生えるタイプの苔です。

住宅のコンクリート部分に発生する苔は、基本的にこの2種類が発生します。

コンクリートに苔が生えてしまう理由

苔は普段、胞子として空気中に存在しています。

この胞子が住宅のコンクリート部分に付着すると苔が発生するようになるわけですが、苔が発生し、繁殖するためには水分が必要不可欠です。

そのため、日当たりの良い部分には苔が生えたり繁殖したりすることがありません。

苔が繁殖してしまいやすいのは、コンクリートでは乾燥することのない日当たりの良くない部分です。

苔が生えやすい具体的な場所としては、

  • 日当たりが悪いところ
  • 風通しの良くないところ
  • 乾燥しにくいところ
  • などがあげられます。

住宅のコンクリート部分の中でもこういった条件が整ってしまっているところに苔は生えるため、そういった部分に対しては、苔が生えにくいように対策してあげる必要があります。

コンクリートに苔が生えてしまった場合の落とし方

実際にコンクリートに苔が生えてしまった場合に、どうのように苔を落としていくかについても解説していきたいと思います。

住宅のコンクリート部分似苔が生えてしまった場合、以下の2つの方法で苔を落とすことができます。

コンクリートに生える苔の種類

 

  • コンクリートに生えたコケの落とし方①駆除剤を使って駆除する

住宅のコンクリート部分に生えてしまった苔を落とす方法の一つ目が、苔の駆除剤を使って駆除する方法です。

苔には専用の駆除剤があり、そういった駆除剤を使えば割と簡単にコンクリートから苔を除去することができます。

苔の駆除剤はホームセンターにいけば簡単に入手することができますし、およそ2L 10,000円ほどで購入できます。

駆除剤を使えば苔を根っこから駆除することができるので、苔が発生しにくくもなります。

使い方は駆除剤によって異なりますが、塗布してそのまま放置しておくだけで苔を駆除できるタイプのものが多くなっています。

  • コンクリートに生えたコケの落とし方②高圧洗浄機で除去する

住宅のコンクリート部分に生えてしまった苔を落とす方法の二つ目が、高圧洗浄機を使って除去する方法です。

高圧洗浄機を所有しているのであれば、いつでも自分の手でコンクリートの苔を落とすことができます。

高圧洗浄機は、水を高圧で噴射する機械で、高圧で噴射される水を苔が生えてしまっている部分に噴射することで苔を除去することができます。

高圧洗浄機はプロも使用するほど洗浄力が高いため、苔をしっかりと除去したいときに使用したいアイテムです。

ただ、結構高いアイテムでもあるので、新しく購入するぐらいであれば、駆除剤を購入して対応する方法の方がコストを抑えながらコンクリートから苔を落とすことが可能です。

コンクリートに生えた苔を高圧洗浄で落とす方法

 

  • 熱湯でコンクリートに生えたコケの落とす方法について

ネット上の情報を見ていると、「コンクリートに生えた苔は熱湯で落とす」と書かれていたりしますが、コンクリートを痛めてしまう可能性があります。

というのも、いくらコンクリートと言えど、高温になる熱湯をかけてしまうとコンクリートの性能に影響が出る可能性があるからです。

コンクリートに対して何かしらの塗装が施されている場合、熱湯をかければまず塗膜が剥がれるかもしれません。

塗膜が剥がれると防水機能が低下するため、雨漏りが発生してしまいかねません。

そもそも熱湯はそこまで苔の除去力が高いものでもないので、あえて使用する必要性はないと言っていいでしょう。

コンクリートに苔が生えてしまうのを防ぐ方法

住宅のコンクリート部分に苔が生えてしまった場合の対策方法について紹介してきましたが、生えてきてしまった苔を除去することができたとしても、予防しておかないと苔はまたすぐに生えてきてしまいます。

そのため、苔が生えてしまうのを防ぐ方法についても知っておくことが大切です。

苔が生えてしまうのを防ぐには、住宅のコンクリート部分をしっかりと乾燥させるのが一番ですが、建物の構造上、完璧に乾燥させるのが難しい部分も出てきてしまうかと思います。

特に日が当たりにくくなってしまっている場所だと乾燥させるのは非常に難しくなってきてしまいます。

ですので、苔が生えてしまうのを予防する機能性をもった塗料で塗装をおこなうようにしましょう。

外壁の塗装に使用される塗料の中には、汚れや苔などが発生するのを防いでくれるタイプの塗料があります。

これらの塗料を苔が生えてしまいやすいコンクリート部分に塗っておくことで、苔の発生を予防できるようになりますよ。

まとめ

今回紹介した方法で苔の除去に挑戦してみても苔を落とすことができない場合は、苔取りの専門業者に相談するようにしましょう。

住宅に生えてしまう苔やカビなどをしっかりと落としてくれるその道のプロがいるので、そういった業者に依頼し、しっかりと苔を落としてもらいましょう。

そういった業者に依頼すれば、落とすのが困難な苔でもしっかりと落としてもらうことができますし、苔を根本から綺麗に除去することができますよ。

コンクリートに生えた苔を落とす方法のまとめ